【ポル語入門】ポルトガル語の文字(アルファベット)

ポルトガル語の文字・発音ポルトガル語入門

英語と同じ?ポルトガル語の文字

まずは、ポルトガル語の文字を確認していきましょう!

以下にポルトガル語の文字表(ブラジルポルトガル語)を用意しました。

ポルトガル語の文字
大/小A/aB/bC/cD/dE/eF/fG/gH/h
読み方アーベーセーデーエーエフィジェーアガー
I/iJ/jK/kL/lM/mN/nO/oP/pQ/q
イージョータカーエリエミエニオーペーケー
R/rS/sT/tU/uV/vW/wX/xY/yZ/z
エヒエスィテーウーヴェーダブリオシースイプシロンゼー

「あれ?これって…」と思った方も多いのではないでしょうか?

そう、読み方は違えどポルトガル語の文字は英語と同じアルファベットなんです!

ちなみに、K・W・Yは外来語にのみ使用されます。(KARAOKEとかWABISABIみたいな外来語)

馴染みの少ない綴り字記号

アルファベットだけなら日本人にもとっつきやすいんですが、一つだけ英語にはない概念があります。

それが「綴り字記号」と呼ばれるものです。
アルファベットの上部や下部についてるあのニョロっとしたやつですね。

フランス語やスペイン語でも見たことがあるかもしれません。

綴り字記号には以下の6種類があります。

綴り字記号
綴り字´`^ç~・・
名称アセント
アグード
アセント
グラーヴ

アセント
シルクンフレクソ

セジーリャティルトレマ
説明母音の上につくaにだけつくa e oにつくcにだけつくa oにつくuにだけつく

綴り字があると何が変わる?

綴り字は、一言でいうと発音やアクセントが変わるものです。

細かいルール等は少しずつ覚えていけばいいので、ここではポルトガル語にはアルファベットと、綴り字があるくらいでOKです!

全ての綴り字
Á/áÂ/âÃ/ãÀ/àÇ/ç
É/éÊ/êÍ/íÓ/óÔ/ô
Õ/õÚ/úÜ/ü 

【余談】綴り字はブラジル人でも苦戦する

綴り字記号がついているだけで、音だけではなく意味が変わるものがあるあります。
綴り字で意味が変わる例を見てみましょう。
 
綴り字で単語の意味が変わる例
Vovô(おじいちゃん)
vovó(おばあちゃん)
上記のように「おじいちゃん」と「おばあちゃん」を表す似たような単語も、最後の一文字が違うだけで大きく意味が変わってくる場合があります。
 
超余談ですが、ブラジルで教えられるVovôとvovóの覚え方はおじいちゃんが帽子をかぶってておばあちゃんがピンを指している、です。
ôが帽子をかぶっているイメージ・óがピンを指しているイメージですね!
アクセントは、ネイティブの方でもたまにアクセントのルールがわからなくなったりする(アクセントが必要か不必要か等)面倒なやつですが、単純な使い方や単語から覚えて、気長に身につけていきましょう!
タイトルとURLをコピーしました