ポルトガル語の文法ってどんなの??ポルトガル語の語順について解説

ポルトガル語の文法についてポルトガル語入門

ポルトガル語の文法は、英語に似ている?

一般的なポルトガル語の分の語順は、主語 + 動詞 +… で、動詞の後に補語や形容詞、目的語などが来ます。

ポルトガル語は日本語の語順とは感覚が異なりますので、学習を始めたばかりの頃はすんなり理解しにくいかもしれません。

主語と動詞を真っ先に述べて、そこにどんどん詳細を足していくイメージなので、英語等の言語に近い語順と言えます。
ただし、後ほど解説する疑問文などでは英語とは異なり、どちらかと言えば日本語に近いような部分もあります!

ポルトガル語の一般的な語順は、主語 + 動詞 + …目的語や補語

日本語との共通点は?

ポルトガル語は、英語と文法語順が近く、日本語とは大きく異なりますが共通点もあります。

それは、主語が何であるかがはっきりしている場合は、主語を省略できることです。

英語ではあまり主語の省略を行うことがありませんが、日本語と同様にポルトガル語も主語が明らかな場合は省略可能です!

主語が明らかな場合は省略可能!

ポルトガル語の疑問文の作り方

ポルトガル語の疑問文は、英語とは異なり肯定文と同じ語順になります。

文字で書く場合は文末に「?」をつける、話し言葉では、語尾の音を上げることで肯定文と区別をすることができます。

例文
ヴォセ ファラ イングレス
Você fala inglês. (あなたは英語を話します。)
ヴォセ ファラ イングレス(↑)?
Você fala inglês? (あなたは英語を話せますか?)
ここも、英語よりも日本語に共通点がある部分ですね!
 
ポルトガル語の疑問文は、肯定文と同じ語順
語尾に?をつけて読みの調子を上げて区別する。

ポルトガル語の否定文の作り方

ポルトガル語の否定文は、動詞の直前に「não」をつけて作ります。

例文
エウ ソウ ジャポネザ
Eu sou japonesa. (私は日本人です。)
エウ  ナゥン ソウ  ブラジレイラ
Eu não sou brasileira. (私はブラジル人ではありません。)
ポルトガル語の否定文は、動詞の直前に「não」をつける
タイトルとURLをコピーしました