【ポル語入門】ポルトガル語の動詞の使い方を解説!

ポルトガル語の動詞活用ポルトガル語入門

ポルトガル語の動詞の使い方は?

動詞とは、ものの動作(走る・話す等)や状態(~である)を表す品詞です。

ポルトガル語の動詞は、主語によってその形が変わる「動詞の活用」があります。
(例:「持っている」という意味を持つ不規則動詞「ter」であれば、tenho→tem→temos→têm)

また、ポルトガル語の動詞の活用には、規則動詞か不規則動詞の2種類が存在します。
不規則動詞の場合は、動詞の活用形を覚えていくしかありませんが、規則動詞は名前の通り活用にルールがあるのでそこだけ覚えてしまえばOKです!

色々と覚えることが多くて大変ですが、動詞の活用の使い分け自体は慣れれば難しいものではないので、是非身に着けてください!

ポルトガル語の規則動詞(現在形)の使い方

ポルトガル語の規則動詞の活用ルールは、動詞の語尾(-ar/-er/-ir)でどう活用するか判断できます。

下記の表に語尾毎の活用をまとめていますので、ご確認ください!

 -ar動詞-er動詞-ir動詞
主語が1人称単数ar→oer→oir→o
主語が1人称複数ar→amoser→emosir→imos
主語が3人称単数ar→aer→eir→e
主語が3人称複数ar→amer→emir→em
例文①
私は日本語を話します。
Eu falo japonês.
(話すという意味の-ar動詞、falarが主語が1人称単数でfaloへ活用されています。)

例文②
彼らは毎日お酒を飲みます。
Eles bebem álcool todos os dias.
(飲むという意味の-er動詞、beberが主語が3人称複数でbebemへ活用されています。)

規則動詞は語尾で活用ルールが決まる。
 
ちなみに、私~とか彼ら~のような人称代名詞の一覧は以下のものです。
こちらも非常に良く使うので、是非覚えてみてくださいね!
 人称代名詞(主語)
1人称単数Eu(エウ) 私
1人称複数Nós(ノース) 私たち
3人称単数Você(ヴォセ) あなた
Ele(エリ) 彼
Ela(エラ) 彼女
3人称複数Vocês(ヴォセス) あなたたち
Eles(エリス) 彼ら
Elas(エラス) 彼女ら

ポルトガル語の不規則動詞の使い方

規則動詞の次は、不規則動詞の解説になります。
読んで字のごとく、特定のルールではなく動詞毎に勝手に変化する非常に厄介なものです。

不規則動詞は一つずつ覚えていくしかないので、少しずつ使える動詞を増やしていってくださいね!

今回は、よく使う「~である」という意味のserと「持っている」という意味の「ter」の活用をご紹介します。

ter(持っている)は、単純に所有している~という意味だけではなく年齢や兄弟の数等、日本語よりも幅広い意味の「持っている」です。

上述の人称代名詞なんかを使って、色々と自分なりに例文を作ったりして覚えてください!

 ser(である)ter(持っている)
1人称単数sou(ソウ)tenho(テーニョ)
1人称複数somos(ソモス)temos(テモス)
3人称単数é(エ)tem(ティン)
3人称複数são(サゥン)têm(ティン)
例文①
私たちは学生です。(~である)
Nós somos estudantes. 

例文②
彼女は20歳です。
Ela tem 20 anos de idade.

不規則動詞は一つずつ覚えていくしかない
(少しずつ使えるものを増やしていけばOKです!)
 
ポルトガル語の数字の数え方は、以下の記事をご覧ください!
ポルトガル語で数字を数えよう! スペル&読み方一覧【1から1000まで】
1から1000までの数字を覚えよう! 意外とつまずくポルトガル語の数字の読み方とスペル、身に着けるまで反復あるのみです…! まずは1~10まで覚えて、次に11~20を頑張って覚えてください。 そこまでは一苦労ですが、20からは読みのル...
タイトルとURLをコピーしました